FC神楽しまね
  • グッズ販売
  • Instagram
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • お問い合わせ
JFL

クラブ概要

 FC神楽しまねが目指すスタイル

EnjoySoccer

 

 

FC神楽しまねが目指すサッカーのスタイルは「ENJOY」。

ただサッカーを楽しむということではなく、観にきてくれる人たちが「楽しかった!また来たい!」と思ってもらえるようなサッカーをしよう。

まず、プレーする選手たちがサッカーを「ENJOY」することが大切。

「ENJOY」するためには自分たちがゲームの主導権を持ち簡単にボールを失わないこと、90分間走り切れること、どんな相手にも自分たちのやりたいサッカーのスタイルを貫くこと。

止める・蹴るといった基礎的な動作が不安定では自分たちのサッカーをすることはできない。

FC神楽しまねのサッカーが、全ての人々に「ENJOY」を届けられるように、そして地域に必要とされ、愛されるクラブを目指します。

沿革

2011年

「NPO法人松江シティスポーツクラブ」を設立 

前身となるヴォラドール松江から松江シティFCに名前を変え、
運営母体として「NPO法人松江シティスポーツクラブ」を設立

2014年

中国リーグ初優勝

全国地域サッカーリーグ決勝大会 1次ラウンド敗退

2015年

中国リーグ2連覇

全国地域サッカーリーグ決勝大会 1次ラウンド敗退

2016年

田中孝司監督就任

 

2017年

「松江シティFC株式会社」設立

 
 

全国社会人サッカー選手権大会 準優勝

島根県勢初の単独チーム準優勝
全国地域サッカーチャンピオンズリーグの出場権獲得
 

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ

1次ラウンド敗退

2018年

中国リーグ優勝

 
 

全国社会人サッカー選手権大会優勝

 
 

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ優勝

 

2019年

日本フットボールリーグ(JFL)初参戦

  結果:15位・通算 5勝10分15敗

2020年

実信憲明監督就任

 結果:10位・通算 6勝2分7敗(コロナ禍のため試合数が半減)
 〇フェアプレー・チーム賞を受賞

2021年

JFL 3年目

 結果:5位・14勝8分10敗

2022年

JFL 4年目

チーム名を『FC神楽しまね』に変更

 

エンブレム

     エンブレム(神楽)

 

FC神楽しまねのエンブレム

エンブレムの、外枠は「神楽のお面の形」をモチーフにしており、旧チーム名”松江シティFC”のエンブレムの形をオマージュした形にもなっています。
内側は島根神楽の様々なお面から要素を抽出しオリジナルの紋章と旧エンブレムから王冠を組合せて作成しました。

エンブレムに使用される色につきましては、神楽の衣装や舞台装飾でも印象的使用される金色をチームカラーの黄色とミックスさせたオリジナルカラー「KAGURA GOLDEN YELLOW」と島根の山々に夜明けが訪れる瞬間に見える深い紺色と厳しくも雄大な日本海の青色をミックスさせたオリジナルカラー「SHIMANE DEEP NAVY」です。
「KAGURA GOLDEN YELLOW」は勝利を表す金色、「SHIMANE DEEP NAVY」の紺色は「既成概念を打ち破る」という意味を持ったカラーでもあります。

 クラブ理念

 

私たちは、郷土を愛する皆様と共に、スポーツ文化を通じ、青少年に明るい未来を提供し、“日本のふるさとしまね”の発展に貢献します。

 

FC神楽しまね 行動規範


FC神楽しまねは、上記の理念を実現するため、次の行動規範を定め活動します。

・ スポーツを通して、子どもたちに笑顔を増やします
・ “日本のふるさとしまね”の良さを広く伝え、観光客誘致に貢献します
・ 少子高齢化や人口減少の社会課題の解決に、地域と共に取り組みます
・ スポーツを通して、目的を同じくする多くの仲間との交流を促進します
・ 人々が集えるスタジアムの実現を目指し、非日常体験を提供します
・ SDGs(持続可能で多様性と包摂性のある社会)の実現のため、地域と共に、課題解決に向けた取り組みを行います
・ フェアプレーの精神を尊重し、コンプライアンスを遵守し活動します
・ 応援いただく皆様と元気と勇気を共有し、勝利を目指し、最後まであきらめず戦います

 

Back to top